きままにひく引鉄

理系学生のぐだぐだアウトプット練習場 下手の横好きでもいい できることを増やしたい

マーセル・セロー『極北』感想

(出来るだけ伏せますが少しネタバレがあります。)

ずっと気になっていた本を読んだ。マーセル・セロー作の長編小説「極北」である。

この本が気になったきっかけは写真家星野道夫だった。

アラスカの地に焦がれ移り住みその地で若くして不運の死を迎えた彼の綴る優しい文章と写真に心惹かれ、自然と「極北」というワードを探すようになっていた。

確か2年ほど前にAmazonで極北に関する本がないかと探していた時にこの本を見つけたのだ。当時の評価は驚きの星5つ。

ハードカバーの小説だったので買うのを躊躇していたら2年も経ってしまった。

昨年6月 大学院入試の帰りに、もう落ちてもいいやどうにでもなれと思いながら大きな本屋を調べ、あればいいなあるかなと思いながら行ったらあった。

これはもう買うしかないと決意しとてつもなく久しぶりにハードカバー小説を買った。 

実際はこの物語に登場する”極北”はシベリアであり、星野が拠点としたアラスカではないのは知ってはいたのだが。

 

 

極北

極北

 

 

この小説の翻訳は村上春樹

あとがきによると原作者であるマーセル・セローの父親であるポール・セロー氏から紹介されて読み、面白いと感じたため訳そうと決めたらしい。

実は村上春樹が書いた長編小説を読んだことがなく、たまにネットでネタにされている印象しかなかったため文章に癖があったらどうしようと思っていたが杞憂だった。

 

 

この本は端的に言うと、一人の人間が厳しい極北の世界を生き抜く様を描いた物語である。

かつて多くの人が住んでいたであろう開拓地に一人で暮らす主人公メイクピース。物語は一人称で進む。

警察官として町を巡回する描写では人の指が落ちており、かつて凄惨な戦いがあったことが分かるとともに、メイクピースはタフで戦いなれていることが示される。

人さらいから逃げてきた少女ピングを匿うことになり、しばらく穏やかな生活をしていく二人。

そして訪れる突然のピングの死。この経緯は結局最後まで明かされることがなかった。が、裏を返せば メイクピースが語りたくもないほどのことであるということ で読者は考え得るだけの最悪の想像ができてしまう。あまりにも悲痛な様子のメイクピースをみて私は最悪の想像を放棄した。

その後メイクピースは街を出て旅を始める。旅をしている途中ある集落にたどり着くがそこの支配者によって裏切り者として追い立てられ、奴隷として送り出されることになる。

しかし持ち前の強さと頭の回転の良さからメイクピースはどんどん立場を向上させていき、ついには仮初めではあるが支配者側に立つようになる。

その後も展開は二転三転し、終盤は一気にSF色が強くなる。滅びた高い技術力を持つ文明の名残が描かれる。

最後にメイクピースはかつて共に暮らしたピングと同じになり、

この小説はメイクピースがある人物にあてた手紙の名残であることが明かされて終わる。 

 非常に骨太なストーリーだが展開は予測できなかった。読み終える瞬間思わず息を大きく吐いたことを憶えている。とても、面白かった。

 

 

 

少しばかりの解放

1月下旬 (そこそこ色んな人に迷惑をかけつつ)なんとか卒論を提出出来ましたし、

もう授業も無いため解放感に満ちています。

 

私のように 高専に入学し、大学の3年次編入もしくは専攻科へ進学、さらに大学院にも進学する人は

普通の大学生よりも卒論を書く回数が一回多くなるように出来てます。

(修士卒で就職するなら)

高専の本科五年生で一回。

専攻科二年生でもう一回。

そして大学院での修士論文

 

本科五年生で書いた卒論は今読むとかなり恥ずかしい出来ですが、

私はぶっちゃけ頭の出来が良くないので論文書くの結構しんどいです。あんまり楽しめない。

何が悲しくて人より多く修羅場に立ち向かわねばならぬのか。

 

少なくともあと一回修士論文が待ってると思うと少し胸が詰まる。自分で選んだ道とはいえ無常を感じます。

 

今も研究室への出勤は続けてます。

本科五年生も私含む専攻科生に遅れて卒論の提出があるため指導したり

次の世代のメンバーへの実験引き継ぎ、

サンプル整理や解析装置のマニュアル作成など

やることはそこそこ、というより結構あるから…。

でも大きな締切に追われないので作業へのやる気もそれなりに湧いてきます。

マニュアル作成は結構楽しいです。

全部自分で分かることだからかな。

 

4月からは7年通った学校を離れ完全な新天地、大学院へ身を投じることになるので

この2月と3月くらい気楽に気ままに過ごせたらいいなぁ。

 

ふりかえりと目標

あけましておめでとうございます。

年が明けてしまいました。

今年はどんな年になるでしょうか。

どうあがいてもシンドい年になる事は決定なのですが気持ちがめげないようにやっていこうと思います。

 

ツイッターでは年の瀬に #2016年自分が選ぶ今年の4枚 なんてタグが流行ってまして、

私もメインで活動してるワールドトリガー界隈の画像をあげたりしました。

区切りとしてここでもあげてみようと思います。

まずワールドトリガーの千佳ちゃんあみぐるみ関連。

f:id:codium-fragile219:20170101154344j:image

f:id:codium-fragile219:20170101154120j:image

f:id:codium-fragile219:20170101154158j:image

もともと技術向上のためにフォロワーさんのリクエストで作ったあみぐるみなんですけど、今までで一番良い出来で色んな人に褒めていただけたりしました。まだまだ直したり足したい部分はたくさんあるんですけれど、それも2017年の目標です。

f:id:codium-fragile219:20170101154127j:image

次はワールドトリガーの作者である葦原大介先生の初連載作品「賢い犬リリエンタール」から主人公リリエンタールを。(実際はワールドトリガー作中に出てきたぬいぐるみのほうを基にしています。)

葦原先生の体調が悪化しワールドトリガーの長期休載が決定した後に、私が出来る精一杯のお見舞いとして、ファンレターと一緒に贈らせていただきました。

いちファンとして葦原先生の復活は気長に待ちたいです。

リリエンタールあみぐるみはすでに1つ、親指サイズのものを作っていたのですけれど、今回作った方は今まで作ったあみぐるみの中で一番クオリティも高く出来たと思ってますし反響も大きかったです。

編むところを実験的にタイムラプス撮影してみたんですけれど、これも楽しかった。メイキング映像って観てるとワクワクするんですけど、自分のでも楽しめるとは思ってなくて意外でした。

 

2017年のワールドトリガー関連の目標は

・千佳ちゃんあみぐるみの小物を完成させる

・BBFのデータを自分なりにまとめる

・1人ヒトガタあみぐるみを増やす

でしょうか。時間の確保ができるか不安だなぁ… 気楽に頑張りたいです

あと写真がヘタなので上手く撮れるようになりたいですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

カービィカフェ あみぐるみ

カービィ好きの友人にプレゼントするために カービィカフェver.のあみぐるみを編んでみました。

  f:id:codium-fragile219:20161223084429j:image  f:id:codium-fragile219:20161223084022j:image

 

コック帽は公式のカービィイラストに合わせて、左右非対称の立体感を出したかったので感覚で編んだらいい感じになりました。写真だと分かりにくいですけど…。

カービィってすごくシンプルな造形だからこそ上手くいかなかった部分がすぐ分かるなぁと思います。

今回は腕と口。腕はもう少し円錐形に近づけて編めばよかったなぁとちょっと反省。 口は…相変わらず刺繍が下手で…クリームの白いフェルトで誤魔化してるけど誤魔化しきれてないです練習します。

編むこと自体はすごく楽しくて一心不乱にできるのだけどパーツの縫いつけや仕上げの刺繍がいつも苦手で、刺繍上手な人を本当に尊敬します。

次は妹に頼まれたヘイホーを作る予定。

 

 

気分と制御

穏やかになりたいし、活動的にもなりたい。

この2つは矛盾はしていないと思うんだけれど、

どうも極端になってしまう。

シーソーのようにどちらかに向かうと

もう一方はおろそかになっていく。

どうしたものかなぁ。

Perfumeのかわいいとかっこいい

Perfumeが好きだ

 

かっこいいとかわいいが同時に存在している さらにスタイリッシュのスパイスがかかってる

 

Perfumeの曲はゴリゴリエレクトロニックサウンドでクールな曲が好き。中田ヤスタカさんの作曲の賜物だけれども、Perfume三人の歌声が好きなのであくまで今はPerfumeファンです。

 

ポルノグラフィティ主催のBBQフェス2日間に参戦したときにダンスを生で見て、おもわず想いが溢れてずっと叫んでた記憶があります。ウオー!!!とか かわいいぃ〜〜;;;とか

同行者の友人にはポルノグラフィティファンとしか言っておらずPerfumeもとても好きだということを言い忘れていたので内心引いていたかもしれない 友人もかわいいかわいい言ってましたけどね

初期のPerfumeはパラメータをかわいいに多く振っていてそれはそれで好きだけれど、最高なのはカッコいいも表現できることですよね。

 

最近のダンスサウンドたまんないです。

彼女たちがアイドルとして活動しているならいつか寿命が来てしまうだろうけど、そうなるまえに一度はワンマンライブ行けたらいいなぁと思います。

狙撃に惹かれ

スポーツ射撃に興味がでてきた。

きっかけは漫画『ワールドトリガー』だ、というと身も蓋もない感じがするが、とても面白そうだと思う。

 

1ヶ月ほど前に京橋のシューティングバーに行き、ワールドトリガーに出てくるものも出てこないものも、たくさんのモデルガンを撃たせてもらった。

店主も楽しい人で、友人と一緒に閉店時間の午前4時まで喋りつつ撃ち、とても良い時間を過ごすことができた。

 

いろんな形のモデルガンの中でも特に楽しいと感じたのがスナイパー用ライフルで、スコープを覗いて狙いを定め、集中状態で撃つことがとても快感だった。

ワールドトリガーでの最推しキャラは散弾銃使いの諏訪さんで、バーで散弾銃も撃たせてもらったけれども、3分の2はスナイパーライフルを撃っていた。諏訪さんごめん。

 

そんな中、オリンピックでライフル射撃の種目があることをしり、NHKの配信動画を見ていると、どうしようもなく本物を撃ちたくなってきたのだ。射撃種目はオリンピックで最も参加国の数が多い種目だということも初めて知った。参加者の年齢層も幅広く、40代50代の代表選手もいるという。

 

私には人を撃ち戦略・連携が必要になるサバゲーよりも、極限の集中のなか一点に狙いを定めるスポーツ射撃の方が面白そうだと感じた。また競技用エアライフルのデザインはモデルガンとは雰囲気が違いスポーツ向けで、そこもカッコいいと思う。(モデルガンももちろんカッコいい、念のため)

 

ただし日本では競技用エアライフルを撃つためには銃免許が必要になる。そのため簡単に体験することは出来ないが、そのような人のために免許がなくても打てるビームライフルというものがあるらしい。弾は出なくて、的がライフルのビームを検知する仕組みだそうだ。

カルチャーセンターなどで体験教室があるようなので、時間ができたら行ってみようと思っている。

 

競技である以上対戦相手はいるけれど、常に闘う相手は自分のみであるスポーツ射撃。いつかは分からないが極限の集中の世界に飛び込める日が来ることが楽しみだ。