きままにひく引鉄

理系学生のぐだぐだアウトプット練習場 下手の横好きでもいい できることを増やしたい

服を買う 着る

気に入った服を買えた

 

白のトップス

前はシンプルでTシャツ生地

シースルーの胸ポケットがついていてそこだけ金色の星のラメ

後ろは全部シースルー 星のラメがキラキラと 星といっても5つの頂点だけじゃなく4つだったり点だったり それが良い

腰より少し長い丈

腕をあげると全体がまるで四角形

暑くなると予報で言われた今日 この服を着ている 中には黒のタンクトップ

気分がいい 背中にキラキラを背負っている 見えないけれどキラキラしているということを認識しているだけで元気が出る

 

 

私は一時期全く服を買うことが出来なくなった この前の秋から冬の間はインナーや靴下も最低限の用途を果たすものしか買えなかった

自分が何を着たいのか 着たら良いのか 分からなくなってしまったのだ

欲しいという気持ちが消えたわけではなかったけれど

どんな服を着ても後ろ指を指されそうで服屋に入っても店員と顔を合わせられなくて一瞬で出てしまっていた

以前はそつなく買うことが出来ていたのに

着てみたいものが浮かんでもすぐに脳内で否定をし、ダメだダメだの大合唱

 

スカート 普段は実験の邪魔になるから着れないじゃん

明るい色 似合わないよ 白くらいなら許容範囲かもね

チェック柄  花柄 とんでもない

フリルが少しでもついてる 無理

甘めのブラウス 柄にもないね

などなど 一体どうしろとといいたくなる脳内

 

冬が終わりに近づいた頃半年ぶりに美容院に行き髪を染めしっかり化粧をした日

3月でこれから暖かくなるというのに真っ黒で厚手の生地で2000円に値下げされた装飾もプリーツも一切ない魔女のようなワンピースを買うことで否定大合唱をくりかえす脳はおとなしくなった

要するに自信がなかったのだった

自分から見て今日は普段より良く見えるかもと思える状態になることでやっと呪縛を取り払えたのだ

 

呪縛が解けた今も忙しくてなかなか服屋に行けない

研究室と家とバイト先のローテーションを繰り返していると良いと思える服を買っても意味が無かったりする

 

金曜日の夜実験を終えた後友人と会うことになり電車で移動するにも待ち時間があったため大きな駅でファッションビルに入って時間を潰すことにした

数年行ってなかった好きな服屋に行った そして気に入った服をためらいなく買うことが出来た 店員さんとお喋りしながら 一緒に悩みながら 今日着ている白のトップスともう一枚黒のカットソーを

 

 

あの頃に比べたら結構元気じゃん自分

よかったね